本文へスキップ

駐車場の車止め工事・タイヤ止め工事・ストッパー工事の施工例

車止め・タイヤ止めstopper

区画線ライン工事の費用・料金・単価・価格白線ライン引き工事「自分で費用・料金・単価・価格を知る」メールで見積り書依頼
ライン工事の費用(新設)ライン工事の費用(上書き)ライン工事の費用(書き換え)

駐車場の車止め・タイヤ止めの施工例

◆◆アパートやマンション、月決め・コインパーキング・会社・工場の駐車場の白線ライン・区画線工事に伴う文字・数字・車止め工事はお任せ下さい。

車止め設置工事の着工前

「車止め設置工事の着工前」

パーキングブロック(裏面)とアンカーピン、反射機能付きホールキャップの3点です、まず、ブロックを設置場所に裏面にして置き、付属品を場所〃に配ります。通常、車止めの大きさは長さ60cm、幅16cm、高さ10cmというのが標準です。その他、様々な大きさがあります。


専用ボンドの塗布

「専用ボンドの塗布」

専用ボンドやセメダインを塗ります。下地のアスファルトの種類にもよりますが、少し山盛り状に接着剤が置かれます。


車止め設置工事

「車止め設置工事」

予め引かれているチョーク(作図線)に合わせてパーキングブロックを設置します。この時、下に押し付ける要領で、上から少し体重をかけます。斜面で、すぐにピンが打ち込めない状況であれば、ガムテープ等で仮押さえをする場合もあります。


アンカーピンの打ち込み

「アンカーピンの打ち込み」

アンカーピンが十分打ち込まれていませんと、キャップを取り付けることができません。反射機能付きホールキャップをハンマーにて打ち込み、取り付けます。


ホールキャップの取り付け

「ホールキャップの取り付け」

アンカーピンが十分打ち込まれていませんと、キャップを取り付けることができません。反射機能付きホールキャップをハンマーにて打ち込み、取り付けます。


車止め設置工事の完了

「車止め設置工事の完了」

車止め設置工事(パーキングブロック)の完了となります。一般的には、車止めの後ろにフェンスやブロックなど障害物がある場合などは、そこから車止めの後ろまでの距離は1m程度を確保することをお勧めします。


車止め

駐車場の車止め工事・タイヤ止め工事・ストッパー工事

駐車場の車止め工事・タイヤ止め工事・ストッパー工事 − 区画線ラインの上書き・上塗り・書き直し工事の料金・単価・費用が分かる。駐車場の白線ライン・番号・車止めの工事は日建ライナーにお任せ下さい。

※ 白線ライン工事『自分で見積り』の費用・料金・単価のうち消去・路面表示・車止めの単価は、区画線工事と同時施工の場合の金額です。

1)新設のアスファルトの駐車場の区画線ライン工事、2)消えかけた白線ラインの上塗り・上書き工事、3)既存の区画線を消して新たな場所にラインを引く書き直し工事の料金を見積り書にてご紹介。駐車番号(数字)、P・STOP・IN・OUTなどのアルファベットの文字、軽・徐行・停止・月極・止まれ・来客用・駐車禁止などの漢字、停止線や横断歩道、矢印などのライン工事、駐輪場の自転車マークや身体障害者(身障者)用の車椅子マークなどの路面標示もお任せください。

駐車場の区画線ライン工事の施工例